アスミール 3歳

アスミールを3歳から始める注意点

アスミールは成長期の子供に必要なカルシウム・鉄分などが豊富に含まれた健康飲料水です。

 

3歳などの小さなお子さんや幼稚園児からでも始める事が出来ます。

 

アスミール 3歳

 

ここでは3歳児などの小さなお子さんに与える際に気をつけておきたいポイントをご説明いたします。

 

アスミールを3歳児に与える際の量

 

アスミールは基本的に粉末状になっており、牛乳と混ぜて飲むようになっています。

 

↓こちらはアスミールの定期購入に申し込んだ方限定で貰えるシェイカーです。

 

アスミール 3歳

 

アスミール6gに対して牛乳を100ml入れるのが一回あたりの量です。

 

小学校中学年〜中学生と大きくなるにつれ、やはり牛乳100mlだけじゃ子供も全然満足出来ません。

 

そういった場合は多少アスミールの量と牛乳を増やして飲まれるご家庭も少なくありません。

 

そして子供の栄養を気遣うあまり、3歳児のように小さなお子さんに与える際は親御さんも

 

「量が少ないんじゃないか?」って思われるでしょう。

 

↓しかしアスミールは先ほどの一杯分の量でもこれだけの栄養が摂取出来るようになっています。

 

アスミール 3歳

 

 

牛乳などの乳製品はつい飲みすぎちゃうと大人でもお腹をゆるくしたりしますよね。

 

3歳児などの幼稚園児にアスミールを与える際は、この一杯あたりの量はきちんと守って与えるようにしましょう。

 

 

飲むタイミングでお腹を壊す子もいる

 

母親である私もそうなのですが、午前中に牛乳を飲むとお腹をゆるくしてしまう体質の人もいます。

 

「午後に飲む分には全く問題ないのに、午前中だけは・・・」

 

3歳児のお子さんも同様に午前中に飲むとお腹を壊しやすい子もいるので、

 

そういう時は昼食後の午後にアスミールを与えたりして、時間をずらすとそれが解消されるケースも少なくありません。

 

アスミールは全年齢に対応しています。

 

品質管理も徹底されており、2歳児からでも安心して始める事が出来ます。

 

アスミール 3歳

 

まとめ

 

小さなお子さんに与える際は分量は守って与えよう

 

お腹を壊しやすい子は与える時間をずらして与えよう

 

 

以上、アスミールを3歳児などの幼稚園児に与える際の注意点でした。

 

 

 

↓アスミールは管理栄養士さんからも正式に推奨されていました。

 

アスミール 効果

 

 

アスミールの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ