アスミール 中学生

アスミールは中学生から初めても遅い?

身長を伸ばしたいと思っているお子さんの為に、頭を悩ませている皆さん。

 

お子さんが中学生だと、そこからアスミールを飲み身長促進サポートはあまり意味がないと思っていませんか?

 

アスミール 中学生

 

もしくは『中学生からはやっぱり遅いのかな・・・?』

 

と、お子さんと一緒に悩んでいるのではないでしょうか。

 

 

アスミールを中学生から飲み始める子も少なくありません

 

 

子供の成長期には個人差があります。

 

よく言われているのが成長期が終わるのは平均すると、男の子が16歳で女の子が15歳と言われています。

 

 

単純に中学1年生ならまだまだこれから伸びる時期と考えられますし、そこからアスミールを始めても遅いという事はありません。

 

中学2年生でも、まぁちょっと遅れたサポートかな?くらいですので、これも問題はありません。

 

しかしもしもお子さんが中学3年生にもなると、親御さん達はこう思うでしょう。

 

 

『ん〜もう遅いんじゃないかな・・・』

 

いいえ、実はそんな事はないのです。

 

 

今お伝えした成長期はあくまで平均≠ナす。

 

アスミール 中学生

 

成長期の終わりを迎えるのが中には早い子供もいれば、遅い子供もいるのは間違いありません。

 

 

事実私自身は中学生の頃は全く背が伸びず、高校1年2年と身長を伸ばしていったという実例があります。

 

ただ私の時代はアスミールがなかったもので、もしかしたらちゃんと栄養を摂取出来れば私もまだ伸びたであろう身長があったかも・・

 

(ここがホント悔やまれます・・・)

 

 

なので実際にはあなたのお子さんが仮に中学3年生だとしても、今からアスミールを始めて遅いという事はありません。

 

 

思い込みのケース

 

 

「身長が伸びない」→「成長期は終わった」

 

という解釈は、少々間違いではないかと私は考えています。

 

 

これは実は子供が身長を伸ばすための栄養素を、しっかり摂取出来ていないパターンも考えられるという事です。

 

なので実際の所、成長期の終わりの平均率もあまりアテにならないのではないでしょうか。

 

 

だってよくよく考えてみると、全ての子供が理想的な栄養摂取を実現しているとは限らないからです。

 

「身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌を促進する必要がある」

 

「身長の伸びは骨の成長に伴うので、骨の成長に必要な栄養素を摂らなければならない」

 

この2つを全ての子供がしっかり補えているかと言うとそうではありません。

 

 

これらが不足していて身長の伸びが思わしくなく、それを成長期の終わりと勘違いしてしまうケースもあり得るのです。

 

なので平均はあくまで平均≠ナあり、必ずあなたのお子さんに当てはめる必要はありません。

 

 

大体にしろ、子供の身長の伸び具合は親も当然ですが極論を言えば医者だってわからないです。

 

それこそあり得ないですが、未来予知でも出来ない限りわからないんです。

 

 

コレを言い換えると、中学生のお子さんでも

 

「まだまだ身長が伸びる可能性がある」

 

という事なので、アスミールをお子さんに飲ませてあげて身長促進に必須な栄養素を摂取してもらいましょう。

 

 

一生に一度の可能性

 

 

上記でお伝えした、成長ホルモンの分泌を促す成分というのはアルギニンというアミノ酸です。

 

骨の成長を手助けするのがカルシウムであり、たんぱく質です。

 

 

これはもちろんアスミールにバランスよく配合されている成分になります。

 

成長期にこそ、これら栄養素がお子さんには必要という事は忘れないでください。

 

 

お父さん、お母さんが、中学生から始める身長促進サポートは遅いと思い込み、お子さんの可能性を奪わないでくださいね。

 

お子さんはその可能性という名の希望を見ているかもしれません。

 

 

それは一生に一度今だけのものという事は、あなたももしかすると経験した事があるのではないでしょうか。

 

 

↓アスミールは管理栄養士さんからも正式に推奨されていました。

 

アスミール 効果

 

 

アスミールの公式サイトはこちら

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ